「ほっ」と。キャンペーン

50年間のカナヅチ人生を経て、トライアスロンに挑戦するへっぽこトライアスリートの備忘録的日記。


by りんたろう

第51回青梅マラソン

まとめて連投です(^^)

今日は二度目の青梅マラソン。
先ほどアップした勝田マラソンが第65回で、青梅マラソンが第51回。
青梅マラソンもかなり歴史のある大会ですが、いかに勝田マラソンが歴史のある大会かがよくわかる。その分、勝田は運営や配布資料(パンフレットは参加者にほとんど関係のない内容で分厚いとか)にも伝統の重みというか古めかしさは感じますが(^^;

昨年の初の青梅マラソンは、嫁さんの骨折明けの初レースでお付き合いでゆるゆると3時間以上かけて完走。なんとなくコースプロフィールは分かったので、今年は自分のレースをキッチリとする。

10時前に現地に着いて受付、ゼッケン付けてスタンバイ。とは言えまだレーススタートまで1時間以上あるので、コンビニのドーナツと屋台の大判焼きを食べて、日当たりの良い場所で日向ぼっこ。軽くストレッチするだけで特にアップはしない。

e0265002_23044799.jpg


11時過ぎに昨年もお世話になった駅前のお茶屋さんで荷物預け。おばちゃんから気付け薬(甘酒)をいただいた。

スタートラインに並ぶ。5000番台は19ブロック。真ん中より少し前ぐらい?ゴール予想タイムいくらで出したか忘れたけど、思っていたより後ろ。昨年、スタート後の渋滞がひどかったのがちと不安。待機場所のセンターライン右側は女性専用とのことで左側に学ぶ。あとから来た選手たちが大会スタッフに「右側に並ばないで!後ろに回って!」と怒られると、横から割り込んでくる。マナー悪し。
e0265002_21324396.jpg


スマホと片道タイプのイヤフォンをペアリングしてApple Musicのラン用のプレイリストをセット。5時間ぐらいあるからフルマラソンでも問題なし。
ところが、再生音が途中でブチブチと切れる。昨晩、iPhone7のiOSを最新版にアップデートしたせいか?
ネットの情報を探りながらなんとか復活したのがスタート2分前(笑)

スタート後はダラダラと歩く感じで進行し、スタートゲート前でようやく流れ出す。参加者に声援を送るQちゃんとシノラーの姿。やはりQちゃん渋滞だった模様。横浜マラソンの剛力彩芽渋滞よりはマシか?
e0265002_21324344.jpg


スタート後しばらくして青梅線の線路の前後で右折、左折したあとは折り返し地点まで曲がり角はない。ずっと道なり。

やはり渋滞していてペースが上がらない。昨年は嫁さんとゆっくりペースだったので気にならなかったが・・・渋滞というより選手が多すぎる感じ。

2キロぐらいですでに歩いている選手を抜く。かなりの巨漢、30キロ走り切れるのかな?

天候に恵まれ、青梅線を横目に見ながら緩やかな登り基調を気持ちよく進むが、依然としてペースが上がらない。
前半はキロ5:25ぐらいでまとめたいが、周りのペースはキロ6分弱ぐらい。最初の5キロで29分も掛かってしまった。抜こうにも渋滞でスペースが無く、油断すると隣のランナーと肘が当たり、ストレスが溜まる。この状態が8キロ過ぎまで続いた。かなりのタイムロス。
e0265002_23044837.jpg


ケンズ、オミノ、青トラ、国立トライアスロン、小金井トライアスロン、その他知人の所属するトライアスロン系のチームのジャージがけっこう目立つ。お仲間〜(^^)。一方、多数派と思われるラン系のチームは知らないので不明(笑)

その後の急な下りで間隔がバラけ、ペースを上げて前に出るが、平坦や登りになるとまた詰まるの繰り返し。思うようにペースを上げられない。ストレスが溜まる。

折り返し後の15キロ地点で、1:23:30ぐらい。うーん、想定より3分以上遅い。

後半のキツい登りが始まる20キロ手前で昨年同様、Qちゃんとハイタッチ。

さらに登りがキツくなる21キロ付近のピークで昨年同様、ロッキーおじさんがいつもの「I of the tiger」をアンプで鳴らしながら、沿道からはにかんだ表情でランナーに手を振る。いつも応援ありがとうございます(^^)

ロッキーおじさんとはつくば、勝田、青梅と3戦連続の遭遇。関東圏の主要レースにはほぼ応援に来ていると思われる。レースで走っているという噂は聞かないが、いったい何者?(笑)

そこからまだアップダウンはあるが、全体的に下り基調。残りは9キロぐらい。直前の登りでだいぶバラけてきた。
ここでペースアップしないでいつするの?という感じでセンターライン寄りをガンガン抜きまくる。
e0265002_23044995.jpg


途中、隣のオヤジを抜きにかかると、ペッ!とつばを吐きかけてきた。腕と脚にモロに掛かった。ムカーッ!睨みつけると弱々しく謝ってきた。わざとじゃないとは言え、よく周りを見ろよと思う。狭いコースにこれだけ人がいるんだから。

他にも、エイドで路肩にいったん寄ってからドリンクのコップを持ってセンターライン近くに移動し、飲み残しのドリンクをバーっと人の前で路面にぶちまけた上に紙コップをセンターライン近くから路肩(数メートル先)の方に放り投げる男性。危険を察知してこちらがスピード緩めたから何事も無かったけど非常識。コップ捨てるまでなんで路肩の近くにいないんだ?謎すぎるー。

反対車線から向かってくる仲間の選手にいきなり声掛けながら手を大きく振ろうとして人の顔に手が当たりそうになる女性。これも周りが見えてない。女性に多い。一つ間違えたら目に当たる。 危ない。

あとは、肩をガンガンぶつけて抜いていく選手。年配のランシャツ、ランパンのベテラン風男性に多い。マナー悪いぞ。

レースのマナーとは、お互いが気持ちよく、安全に走るためのもの。お互いに気をつけたい。

ラスト10キロはキロ4:45〜5:10ぐらいをキープしつつ、時計とにらめっこ。トライアスロン系のジャージを見るとターゲットにロックオンして抜きまくる(笑)。

残り2キロで目標タイムクリアを確信。

右折してゴールゲートが見えて来た。沿道から名前を呼ばれると、トラのチームの先輩方。手を振って最後までペースは緩めずゴールゲートに駆け込む。

なんとか目標の2:40は切れた(ネットタイム)。良かった(^^)
ラスト10キロはハーフに近いペースだった。周りの選手が疲れていることもあり、ごぼう抜きでかなり順位も上げることができた(700人ぐらい抜いた模様)。
キロ5:17ペース。目標は5:15ペースだったけど、序盤の渋滞があったから仕方ない。
e0265002_21324450.jpg


青梅のコースは面白い。
アップダウンに富んでいるし、景色も良い。
距離もちょうど良い。ハーフよりも距離がある分、ペース配分を考える必要がある。フルほど長く無く、体力的にもキツくないので、ハーフに近い感覚でスピードも出せる。
このコースを攻略できれば、ハーフもフルもどんなコースでもタイムアップが狙えると思う。

ただ、コースのキャパに対して参加者数が多すぎる感じ。なかなか抜けないし、他の選手と肘が当たる頻度がかなり高い。スピードの出る下りも多いので事故につながらないと良いが・・・

レース後はお茶屋さんで着替えて、具だくさんのけんちん汁をいただき、近くのラーメン屋でさらに栄養補給してから帰宅。

さほど疲労はない。筋肉痛も特に無く。脚もつらなかった(笑)
身体への負担少なく、いい感じで走れたんだと思う。
来年は2:30切りを狙いたい。
今回スタートからゴールまでに1800人以上抜いたので、スタート位置をもっと前にすれば数分は短縮できるはず。あとは減量(笑)

これで今シーズンのマラソンは終了ですが、ハーフのレースを走れてないので、来月、どこかで出るかな?

ランはそこそこ走れるようになって来たので、あとは苦手なスイムの強化(昨年9月に肋骨痛めてから違和感残るので泳いでない(^^;)、ぜんぜん乗ってないバイクの鍛え直し。あと減量ね。

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
# by rintarou555 | 2017-02-19 21:31 | レース・イベント | Comments(0)

第65回勝田全国マラソン

久しぶりの投稿です。
撃沈のつくばマラソン以来?
いちおう生きてます(笑)

昨年秋に異動で仕事が変わってから、12月は10日ぐらい海外出張(ベトナム)で、年明けからも出張が多くバタバタしていました。

以前にM&Aを担当した事業である程度の中身は分かっているとは言え、これまでの経験分野とは異なる業界、仕事な上に、現場に入って実務をするのはまた別物。ようやく慣れてきたところ(^^;

そんなバタバタの中、1/29の勝田マラソンを迎えることに。

なかなか平日はトレーニングできないので週末10キロ単位で走って、年明けからとりあえず160キロぐらいは走った。
前哨戦のフロストバイトにエントリーし損ねていたことがレース前日に発覚したり、20キロ走までしかやってないのが不安材料。

レース当日、早朝の電車で勝田まで。埼玉からは東京を挟んで反対側。さすがに遠い。日暮里から臨時快速?に乗れたので行きの電車賃は安く上がった。
e0265002_20440207.jpg


会場について受付して荷物を預ける。会場内の導線や案内もつくばに比べると少々わかりづらい。

レーススタート後、キロ5:20をターゲットに走る。体重が72キロと重めなのはつくばと同様。後半のパワー切れが不安材料。

走りやすいコースと聞いていたけど、13キロあたりからの登りが意外に曲者だった。ややキツめの勾配1キロ弱?のあとしばらくダラダラ登りが続く。

その後もなんとなく登り基調な気がする。
気温もかなり上がってきた。帽子から汗がダラダラ・・・

中間地点まではキロ5:25ぐらいのペース。
このままのペースを維持できれば3:40が狙えるが
、この暑さと体重では後半は厳しい戦いになりそう。現実的に3:50切るあたりか?

30キロあたりで恒例?の足つり。2分ぐらいストレッチで停止の後、なんとか復帰。

細かいアップダウンと身重のボディでペースも落ち気味。5分半キープが厳しい。

この暑さで周りの選手もかなりバテてる感じ。サバイバルモード。季節外れの暑さに苦しめられた一昨年のさいたま国際を思い出す。現実的にサブ4狙いに下方修正。

ゴールまでの距離とペースを計算ながら、なんとか4時間切ってゴール。ラストスパートの余力無し。
e0265002_20480694.jpg


PB更新はなりませんでしたが、3シーズン連続でサブ4は達成。できれば65歳まで毎年サブ4は続けたいな。

今回は直前一カ月はある程度の距離はトレーニングできたけど、30キロ走が出来なかった。
フロストバイトにエントリーし損ねで実験トレーニングが出来なかった。
さらに、不規則な生活で体重、体調がボロボロ。

そんな中でとりあえずサブ4は達成できたのて良しとしよう。直前100キロ以上走って、本番でペースマネジメントできればサブ4はほぼ確実にはなってきたので。

昨年1年間でも600キロぐらいしか走ってない。ふだんの月は50キロぐらいで、レース直前に月100キロぐらいのトレーニングでドタバタと帳尻を合わせてきた。
もう少し真面目にトレーニングして、減量すればまだまだタイムアップはできると思う。
来期はPB更新。3:40切り狙います。できれば3:35近く。でも、まずは減量しないと(笑)

帰りは特急を使ってサクサクと帰宅。

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
# by rintarou555 | 2017-02-19 20:30 | レース・イベント | Comments(1)
昨日の初のつくばマラソンは見事に撃沈しました。

落車で肋骨にヒビが入ってから2ヶ月まともにトレーニングできてないので過去最低のコンディション。

来月の所沢シティ(ハーフ)も海外出張で出られなくなったので、年明けのフロストバイトまでしばらくレースはない。

ここで、二つの選択肢。
(1)無難に走り切ってとりあえずサブ4狙い
(2)勝田に照準を合わせての前半重視のトレーニング

キロ5分半ぐらいで無難に走ればサブ4はいけると思うけど、PB更新は難しい。
所沢シティも出られなくなったことだし、ここは1月の勝田に向けてのトレーニングと割り切ることにした、

トレーニング不足でリスクが高いのを承知の上でたまたまスタートで目の前に居合わせたロードのチームメイト(サブ3.5狙い)と一緒に走り出したが、しばらくは渋滞気味でさほどペース上がらず。
e0265002_10504731.jpg


その後、3キロぐらいで二車線が一車線に規制されたところで彼とは距離が空いて、やがて見えなくなった。

5キロあたりから渋滞も緩和され走りやすくなり、ペースも安定。
e0265002_10504844.jpg


補給は予定通り。給水はこまめに少なめに摂り、10キロでサバスピットイン、15キロあたりのエイドでショッツ顆粒をドリンクで流し込む。その他、塩タブレットとスポーツ用のクエン酸入り飴を舐めた。

中間地点までキロ5:14ペースで特に問題なく走れた。後半はペースを落としてキロ5分半〜後半ぐらいでも余裕でサブ4と気を良くする。
e0265002_10504910.jpg


ところが、中間地点のエイドで後半戦に向けていったん身体をリセットしようとゆっくりと休憩。ドリンク飲んだりブルーベリーを食べながら100〜150メートルぐらい歩く。いわゆるウォークブレイク。
再び走り出したら、アレレ?なんかペース上がらない。先ほどと同じぐらいの負荷で走ってるつもりでもキロ5:40ぐらいしか出てない。キロ30秒ぐらいペースダウン。補給もしっかりしてきたし、ここまでスタート後の渋滞以外はほぼイーブンペースで来てたので原因不明。

そのうち脚があちこち痛くなり攣りだした。いつもはフルマラソンで攣るのは30キロ以降なので今日は早すぎる。ペースは落ちてキロ6分を超える。

とにかく脚が重く、前に出ない。ペースはさらに落ちてキロ6分半へ。脚が攣りそうで騙し騙しながら走る。エイドでまたゆっくりと歩きながら休憩したが効き目なし(^^;

29キロあたりでいよいよ脚の攣りで走れなくなり歩き出す。普通に歩いていてもあちこち脚が攣りまくるのでどうしようもない(^^;
e0265002_10505595.jpg


ふだんはすぐに出てくる感じのエイドやトイレが歩いていると遠い遠い(^^;
e0265002_10505597.jpg


コーラが飲みたいがど田舎で自販機すら見当たらない・・・と思っていたらロータリークラブの皆さんの私設エイドでコーラをいただけた。めちゃくちゃ嬉しくてニヤニヤ(笑)

30キロ地点でロッキーのテーマが流れてくる。ロッキーおじさんがいたので、手を振ると振り返してくれた。あちこちの大会で応援ご苦労様です(^^)
e0265002_10505643.jpg


ロッキーおじさんの応援で少し元気をもらった。

さらに、31キロ地点の看板。「人生の最大の弱点はあきらめることだ」。これみてゴールまでなんとか身体を運ぼうと誓う。と言ってもまだゴールまで11キロもある。歩き続けたら2時間は掛かりそう。気が遠くなる(笑)
e0265002_08524273.jpg


34キロあたりでコンビニでトイレ&ドリンク休憩。まだ8キロもある。困った(笑)
e0265002_10505788.jpg


少し先のバス停のベンチでしばし休憩しながらストレッチ。
e0265002_10505714.jpg


35キロ手前で4時間半のベースメーカーの集団に抜かれるが、追う気力も脚もない。

おしるこのノボリを見て嬉しくなったのもつかの間。紙コップにちょっとだけで味も薄い(^^; 飲み足りないので二杯いただいた。
e0265002_10505886.jpg



29キロ手前からずっと歩き続けて来たがゴールばまだまだ遠い。歩くスピードもふだんより遅めなのでこのペースなら1時間半はかかりそう。

37キロあたりのエイドでお姉さんにマッサージを10分ほどやってもらったらなんとか復活。

そこから5キロちょっとはキロ5:20〜5:30ぐらいで、ごぼう抜きまくりながら気持ちよく追い込めた。

結果は、5時間もかかってしまった。過去最悪だけど、トレーニング不足を承知で敢えて実験してみた結果なので納得です。経験してみないとわからないことがある。今日の前半のペースを後半も維持できるようにちゃんとトレーニングしないと。
それと、ウォークブレイクは自分には合わないかも。身体のリズムが狂い、脚が冷えてしまい攣ってしまったんだと思います。それ以外にあのペースの急変、脚の不調は考えられない。バイクでも疲れた状態で脚を止めるとかえって脚が攣りやすくなる。負荷を下げてペダルを回し続けていると回復してきたりするのは良く知られていること。

来月の所沢シティマラソンが海外出張で出られなくなったので、年明けのフロストバイトと勝田に照準を合わせて行きます。

会場の屋台で牛串だけ食べてから、
e0265002_20143046.jpg

e0265002_20143155.jpg


つくば駅方面まで30分の道のりをトボトボと歩きつつラーメン屋を探すが、どこも時間帯遅いので休憩中。食べログの情報では休憩なしでやっているはずの店もなぜか休憩中。

20分ぐらい歩いてたどり着いのがこちら。
e0265002_20143189.jpg


大会参加者でかなり混んでいたのもあるけど、なかなか席に案内してもらえなかったり、餃子とタンメン頼んだら餃子は比較的早く来たけど、タンメンはいつまでたってもこない。あとから来た客がさっさとレバニラ定食を食べて帰る頃にようやくタンメンが来た。どうやら忘れられていた模様。餃子頼んで無かったらキレていた(笑)
e0265002_20143317.jpg

e0265002_20143332.jpg


次回参加の時は会場のほど屋台で済ませた方がよさそう。
お腹空きすぎてから食べたらドッと疲れが出て駅まで残り15分ぐらいの道のりが遠かった(^^;

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
# by rintarou555 | 2016-11-21 20:00 | レース・イベント | Comments(0)
土曜日は午前中につくばマラソン前の最後のミドル走。
先日お邪魔した石坂産業さん運営の三富自然の村へ往復15キロぐらい。
なるべく交通量の少ないルートを探しながら止まり歩きしたのでけっこう時間が掛かってしまったけど、ポカポカ陽気で気持ち良かった。
e0265002_20374421.jpg

e0265002_20374579.jpg


走っているときはサブ4ペースで。でも、先週末の陣馬山トレイルのダメージがまだ抜けきれてない。あと一週間で疲労抜きながら調整していこう。

午後から自分と嫁さんのバイクのメンテナンスをしてから、機材チェックを兼ねて二ヶ月ぶりにバイクにまたがる。
最初はサドル高っ!と感じたけどだんだんと慣れてくるから不思議。でも、サドルは後方に座った時に少し高い感じがする。少し下げたほうがいいかな?

夕暮れどきの多摩湖が美しい。自宅から数キロにこんなロケーションがあるのは幸せ。たった11キロのライドだったけど、この景色が見れて良かった。
e0265002_20374626.jpg


日曜日は嫁さんがスペイン料理につられてトラのチームの皆さんと荒川。と言ってもわれわれは別行動で秋ヶ瀬からホンダエアポート折り返しの片道20キロのショートコースを入間大橋から東進して上尾駅近くまで。
貸借り状態で皆さんで美味しくいただきました。人数が多いといろいろ楽しめるのでいいですね。
写真の料理以外にもいろいろと頼みました。お腹いっぱい(^^)
e0265002_20374704.jpg

e0265002_20374835.jpg

e0265002_20374995.jpg

e0265002_20375013.jpg


肝心のバイクの方は久しぶりということもあり、筋肉が落ちまくってる感じ。行きは向かい風なのもあったけど、30キロ維持が厳しい。特にお尻周りの力が足りてない。
e0265002_20375095.jpg

e0265002_20375191.jpg


帰りは同じくリハビリライドの嫁さんとマッタリと帰還。
e0265002_20375235.jpg


嫁さんもこの冬に荒川でじっくりと乗り込めば復活するでしょう。ランよりもバイクのほうが足腰への負担は少ないし。
お互いに年をとって怪我をしたり、故障をしたりが多くなる。回復も遅くなるのでなかなか思うようにいかないけど、人生と同じく、いい時もあれば悪い時もある。どんな状態にあっても方法論を考え、なんとかするのがマネジメント。これまた楽し(^^)

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
# by rintarou555 | 2016-11-14 20:17 | Comments(0)
人生初のトレイルレース、陣馬山トレイル、足攣りまくりながらなんとか完走しました。

肋骨にヒビが入ってから二ヶ月、50キロ弱しか走れてない。不安だらけ。そもそもトレランじたい、三年ぐらい前に鎌倉で初心者向けのイベントで10キロぐらい走っただけ。

このレースに向けて地元のトレイルっぽいコースを数キロ走ったが、対策にもなってない。

一つだけやった対策がテーピング。トレイルではテーピング推奨とのことで、以前買ってあった本を参考に膝と足首周りをテーピング。

あとは、今日はトラのチームの皆さんと一緒なので心強い。このコースは何度も走り慣れている人たちばかり。会場に向かう途中でいろいろと教えてもらい、多少はイメージトレーニングもできた?あとは走りながら何とかするしかない笑

コースは一部同じルートを通る23.5キロの周回コース。前半は陣馬山への登り下りがかなり急勾配。前半の方が標高も高く明らかにキツそう。後半はダラダラ登りのあと、急勾配の下りが疲れた脚にキツいらしい。あとは、今年はがけ崩れで一部迂回路を通るとか。
e0265002_06305483.jpg


9時のスタート予定が遅れてレース開始。最初は渋滞するというので、やや前方に位置取りしてスタート。

ポカリ一本をトレランバックに、サバス二本、炎熱サプリをバイクジャージの背中のポケットに入れてある。距離23.5キロなので補給はこれで問題無いはず。途中でエイドもあるし。

最初はアスファルトの登り。アップ無しだとけっこうキツい。昨日のバーベキューで重量も増えている感じ。でも、アップ代わりと思って頑張って登り続ける。

1キロ強?走っていよいよ山の中、トレイルコースへ。でも、道幅が狭いのでいきなり大渋滞で前に進まない。
e0265002_07410645.jpg


思っていたより道幅狭め。手すりとかないので、崖側に足踏み外したらゴロゴロと落ちていきそう。
e0265002_21291300.jpg


スタートから4.8キロの明王峠へ。
e0265002_21224208.jpg


この辺りで身体も慣れてきた感じ。

さらに登って7キロ地点の陣馬山の頂上へ。
山頂は広々としていて見晴らし良く、天気も良くて最高。
e0265002_21224362.jpg


エイドで水をいただいて飲む。
一本目のサバスを補給。

多くのハイカー、けっこう家族連れもいた。
この辺りでハイカーとすれ違うことも増えて来た。「こんにちわー」と必ず声を掛けるが、無反応の人もいる。レースと知らずに来て、続々と選手が駆けてくるからムッとしてるのかな?1500人も参加してるから異様な光景だと思う。
すれ違いざまに減速しない選手もいるのでトレランが厄介者扱いされるのはわかる気がした。万が一選手が転倒したら巻き添えにしてしまうから。

ここからキツめの下り5キロが始まる。登りは周りと同じペースで走れるが、問題は下り・・・慣れてないのと、体重重いので慎重に下りていたが、途中で右の内転筋が攣り始めた(^^; 止まって炎熱サプリを一つ補給。

細かい木の根っこが多くて走りづらい。真後ろで一人派手に転倒。前方でも一人転倒。トレイルはやはり怪我のリスクは高い。

途中からアスファルトの下り、民家のある辺りへ出る。ここで後ろからガンガン抜かれる。みんな何であんなに速く下れるのだろう?たぶん何十人かに抜かれた笑
でも、二週間後につくばマラソンが控えているので無理はできない。

下り切ると中間地点、スタートから12キロ弱のエイドへ。給水→トイレのあと、バナナを一本いただいて食べる。リスタートするところでチームメイトのFさんが到着で手を振る。
e0265002_21224958.jpg

e0265002_21225015.jpg


ここからはアスファルトの林道の登りが7キロぐらい続くらしい。日向が多くて気温も上がって来たので二つめの炎熱サプリを補給。
e0265002_21225605.jpg


少し走ってチームの大御所のNさんに追いついて声を掛ける。
少し進むと10数%はありそうな急勾配がしばらく続く。今回のコースでいちばんキツいらしい。二人で歩きながらしばらくおしゃべりタイム。

勾配が緩んでからゆっくりと二人で走り出すが、このあとまだ数キロ登りが続きそうなのと、ラストの下りがかなり厳しく、脚にきそうとのことで、途中で僕は歩き始める。結局、あとはほとんど歩いてしまった笑

横の崖からガサゴソと物音がするので見たら大きめの猿が一匹。写真を撮ろうとしたら逃げられた。

途中で二本目のサバスを補給。ペットボトルのポカリもこまめに補給。

残り3.8キロ、最後のエイドでほぼ空っぽになったペットボトルに水を入れていただく。
e0265002_21225607.jpg


ここからが厳しい下り区間か?と思ったら、しばらくはアップダウンを繰り返しながらの登り基調。

下り始めると小さな丸太の急階段。これが歩幅が合わず、けっこう高低差もあるので下りづらくて辛い笑

最後のエイドで「ここからはハイカー優先で」と言われた通り、登ってくるハイカーとすれ違うことが多くなった。急勾配かつ狭いのですれ違うのもなかなか大変。ハイカー優先と言いつつ、すれ違い渋滞も起きるので怒っているハイカーもいた。絶好のハイキング日和、たぶんレースのことを知らないで来たんだろうなー、でも、貸切コースじゃないからお互いに譲り合うしかない。

かなりの急勾配で、足場も悪くまともに降りられない区間はモロに脚にくる。左膝も痛くなって来たので、歩きながら下る。左側に寄っていると、右側からガンガン抜かれる。ずっと左側を走っていると路面が斜めになってるので脚に余計に良くない気がするが仕方ない。

途中で二度足攣りで止まってストレッチ&三つ目の炎熱サプリを補給。足攣りつつ歩きながら治す。

ここの最後の下りでまた数十人に抜かれたと思う。みんな何であんなに速く下れるのだろう?あり得ないスピード笑
ここまででトータル100人以上は抜かれたと思う。ロードのレースではあり得ない(^^;
e0265002_21225793.jpg


往路と同じトレイルコースに合流しつつ、最後のアスファルト区間へ出る。ここからの下りでラストスパート。抜かれた選手をガンガン抜きまくった。気持ちいい笑

最後は気持ちよくゴール。
3:30ぐらいで行けると思ったら、3:50も掛かってしまった。ロードとトレイルは別物。特に下りは根っこや砂利、ガレキで足元が不安定で怖い。慣れないとダメだな。あと、体重も減らさないと怖すぎて・・・

後半のエイドのあとのアスファルトの林道区間、7キロもほとんど歩いてしまったのもタイムを落とした要因。あそこをゆっくりでもなるべく走れば20分はタイム短縮できると思う。

ゴール後は完走証をその場で印刷してもらい、地元のお母さんたちが作った美味しいすいとんをいただいた。
e0265002_21225898.jpg


会場をあとにして、チームの皆さんと、無料券をもらっていた藤野やまなみ温泉へ。
残念ながら、風呂内がかなり混雑していたり、食堂もオーダーしてからかなり待たされた(30分近く?)。空きっ腹にビールは酔いが回るのも速い。ようやく昼食にありつけたのは15時過ぎ。お腹ぺこぺこで死にそうだった。次回はゴール後に何か食べられるものを持って行った方が良さそう。
e0265002_21225875.jpg


初のトレランのレースは下りで苦戦でほろ苦いデビューとなってしまったが、天候に恵まれレースじたいは素晴らしいコンディションだった。アスファルトがトータル10キロぐらいあり、初心者向けのコースとはいえ、初心者には充分に走りごたえがあった。

走り終えての感じだと、フルマラソンとハーフマラソンの中間の疲労度かな。途中で足攣りまくったが、レース後はなんとも無かった。トライアスロンのショートのレースを頑張ったあととも同じぐらいの負荷。トレランとしては距離が短い方らしいけど、自分にはこのぐらいがちょうど良いと感じた。

次回は来春の高水山トレイル30キロかな?アスファルト区間は無いので陣場山よりもキツく、怪我のリスクも高まるとか。
70キロぐらいまでなら、ウルトラマラソンにもチャレンジしてみたい。奥武蔵ウルトラマラソンとか良さそう。

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







# by rintarou555 | 2016-11-06 20:39 | レース・イベント | Comments(0)