JTU登録(更新)と地域ごとの料金差

昨日横浜トライアスロン大会にエントリー(抽選)するにあたり、前日にJTUの会員の更新完了。
もちろん、地元埼玉のトライアスロン連盟(STU)にて。

ここでJTUの会員登録(更新)のサイトを見ていて面白いことに気がついた。
サイトに各都道府県ごとの協会(連合)のリンク集がある
ほとんどの人は脇目も振らずに自分の居住地域のところをクリックして手続きを終えたら、他の地域は見ないと思う。
http://www.jtu.or.jp/register/index2015.html

埼玉は新規も更新も同じで一般会員は3800円(うち300円は受付手数料)。

申請区分 新規 2014年度未登録の方
継続 2014年度登録済みの方
登録区分一般会員埼玉県内に在住、勤務、通学、または主たる活動地とする満15歳以上のトライアスロン愛好家3,800円
(300)
高校生会員埼玉県内に在住、通学、または主たる活動地とする高校生1,300円
(300)
ジュニア会員埼玉県内に在住、通学、または主たる活動地とする小中学生600円
(300)
団体一般会員埼玉県内に在住、勤務、通学、または主たる活動地とする満15歳以上のトライアスロン愛好家※団体登録を希望されるチームは、新規・継続にかかわらず、代表者の方からメールまたは電話で事務局までご連絡ください。承認コードをお知らせします。3,300円
(300)
団体高校生会員埼玉県内に在住、通学、または主たる活動地とする高校生1,300円
(300)
団体ジュニア会員埼玉県内に在住、通学、または主たる活動地とする小中学生600円
(300)

他の都道府県はどうか?
都道府県によってかなり料金体系にバラツキがあることに気がついた。
地方はだいたい一般会員3300円ぐらい、高校生は1000円台のところが多い。

福岡は新規で6300円、継続でも4300円と高め。

申請区分 新規 福岡県連合に未登録の県内在住者*県外在住者は、福岡県連合までお問合せ下さい*一般会員、団体一般会員の方で、新規の方は新規登録料2,000円を含みます。
継続 福岡県連合に2014年度登録済の会員
登録区分一般会員(新規)県下に在住、勤務、通学、または主たる活動地とする満15歳以上のトライアスロン愛好者6,300円
(300)
一般会員(継続)県下に在住、勤務、通学、または主たる活動地とする満15歳以上のトライアスロン愛好者4,300円
(300)
高校生会員県下に在住、勤務、通学、または主たる活動地とする2015年4月現在の高校生1,300円
(300)
中学生会員県下に在住、勤務、または主たる活動地とする2015年4月現在の中学生800円
(300)
小学生会員県下に在住、通学、または主たる活動地とする2015年4月現在の小学生600円
(300)
団体一般会員(新規)あらかじめ指定された団体に所属する一般会員*はじめに代表者が登録して、その後に代表者以外のメンバーが登録してください。5,800円
(300)
団体一般会員(継続)あらかじめ指定された団体に所属する一般会員*はじめに代表者が登録して、その後に代表者以外のメンバーが登録してください。3,800円
(300)

関東では、東京が一般の新規は4300円で福岡よりも安い(福岡の新規が高すぎる?)。

申請区分 新規 申請区分(新規) 2014年度未登録の方
継続 申請区分(継続) 2014年度登録済の会員
登録区分一般会員都内に在住、または主たる活動地とする満15歳以上のトライアスロン愛好者4,300円
(300)
高校生会員都内に在住、通学、または主たる活動地とする高校生2,300円
(300)
ジュニア会員都内に在住、通学、または主たる活動地とする小中学生600円
(300)

神奈川は地方と同じぐらいと意外に安く、家族会員1800円もあるなど、かなり良心的。

登録区分一般会員神奈川県内在住/在勤/在学者または神奈川県内を主たる活動地とするトライアスロン・スポーツ愛好者3,300円
(300)
家族会員一般会員と住居を同一とする「神奈川県内在住/在勤/在学者または神奈川県内を主たる活動地とする」トライアスロン・スポーツ愛好者
※家族会員は申込済の一般会員の氏名を備考欄(STEP.3)に必ず入力してください。
1,800円
(300)
高校生会員2015年4月1日現在、神奈川県に在住・在学または主たる活動地とする高校生のトライアスロン・スポーツ愛好者1,300円
(300)
ジュニア会員2015年4月1日現在、神奈川県に在住・在学または主たる活動地とする小中学生及び中学生のトライアスロン。スポーツ愛好者600円
(300)

一方で、群馬は5300円とかなり高め。

申請区分 新規 2014年度未登録の方
継続 2014年度登録済みの方
登録区分一般会員県内に在住、勤務、通学、また主たる活動地とする満15歳以上のトライアスロン愛好者5,300円
(300)
ジュニア会員県内に在住、通学、または主たる活動地とする小中学生1,300円
(300)

東北は全体的に安めだが、北海道は群馬並み。

申請区分 新規 2014年度未登録の方
継続 2014年度登録済みの方
登録区分一般会員道内に在住、勤務、または主たる活動地とする満15歳以上のトライアスロン愛好者5,300円
(300)
高校生会員道内に在住、通学または主たる活動地とする高校生1,300円
(300)
ジュニア会員道内に在住、通学または主たる活動地とする中・小学生800円
(300)
審判限定会員道内に在住、通学または主たる活動地とするJTU公認審判員資格を有するもの0円

“JTUの会員登録”なのに、都道府県ごとにローカルルール?でこれだけ違う。
どういうことなんでしょう?(笑)

団体割引はチーム割引?協会公認じゃないといけないようだ。
北海道のように審判員割引で、審判資格者だとなんと無料の地域も・・・
いずれも捉え方によってはなんだか微妙・・・一部の関係者だけ得するシステム?

スプリントレースでさえJTUに加入しないと出られない大会が増え、年に一度出るかどうかの初心者にはコスト的なハードルが高くなっている中で、この辺りのルールはもう少し統一するなり、透明性を高くして欲しいと思う。

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
by rintarou555 | 2014-12-06 21:19 | トライアスロン | Comments(0)

50年間のカナヅチ人生を経て、トライアスロンに挑戦するへっぽこトライアスリートの備忘録的日記。


by りんたろう