第51回青梅マラソン

まとめて連投です(^^)

今日は二度目の青梅マラソン。
先ほどアップした勝田マラソンが第65回で、青梅マラソンが第51回。
青梅マラソンもかなり歴史のある大会ですが、いかに勝田マラソンが歴史のある大会かがよくわかる。その分、勝田は運営や配布資料(パンフレットは参加者にほとんど関係のない内容で分厚いとか)にも伝統の重みというか古めかしさは感じますが(^^;

昨年の初の青梅マラソンは、嫁さんの骨折明けの初レースでお付き合いでゆるゆると3時間以上かけて完走。なんとなくコースプロフィールは分かったので、今年は自分のレースをキッチリとする。

10時前に現地に着いて受付、ゼッケン付けてスタンバイ。とは言えまだレーススタートまで1時間以上あるので、コンビニのドーナツと屋台の大判焼きを食べて、日当たりの良い場所で日向ぼっこ。軽くストレッチするだけで特にアップはしない。

e0265002_23044799.jpg


11時過ぎに昨年もお世話になった駅前のお茶屋さんで荷物預け。おばちゃんから気付け薬(甘酒)をいただいた。

スタートラインに並ぶ。5000番台は19ブロック。真ん中より少し前ぐらい?ゴール予想タイムいくらで出したか忘れたけど、思っていたより後ろ。昨年、スタート後の渋滞がひどかったのがちと不安。待機場所のセンターライン右側は女性専用とのことで左側にならぶ。あとから来た選手たちが大会スタッフに「右側に並ばないで!後ろに回って!」と怒られると、横から割り込んでくる。マナー悪し。
e0265002_21324396.jpg


スマホと片道タイプのイヤフォンをペアリングしてApple Musicのラン用のプレイリストをセット。5時間ぐらいあるからフルマラソンでも問題なし。
ところが、再生音が途中でブチブチと切れる。昨晩、iPhone7のiOSを最新版にアップデートしたせいか?
ネットの情報を探りながらなんとか復活したのがスタート2分前(笑)

スタート後はダラダラと歩く感じで進行し、スタートゲート前でようやく流れ出す。参加者に声援を送るQちゃんとシノラーの姿。やはりQちゃん渋滞だった模様。横浜マラソンの剛力彩芽渋滞よりはマシか?
e0265002_21324344.jpg


スタート後しばらくして青梅線の線路の前後で右折、左折したあとは折り返し地点まで曲がり角はない。ずっと道なり。

やはり渋滞していてペースが上がらない。昨年は嫁さんとゆっくりペースだったので気にならなかったが・・・渋滞というより選手が多すぎる感じ。

2キロぐらいですでに歩いている選手を抜く。かなりの巨漢、30キロ走り切れるのかな?

天候に恵まれ、青梅線を横目に見ながら緩やかな登り基調を気持ちよく進むが、依然としてペースが上がらない。
前半はキロ5:25ぐらいでまとめたいが、周りのペースはキロ6分弱ぐらい。最初の5キロで29分も掛かってしまった。抜こうにも渋滞でスペースが無く、油断すると隣のランナーと肘が当たり、ストレスが溜まる。この状態が8キロ過ぎまで続いた。かなりのタイムロス。
e0265002_23044837.jpg


ケンズ、オミノ、青トラ、国立トライアスロン、小金井トライアスロン、その他知人の所属するトライアスロン系のチームのジャージがけっこう目立つ。お仲間〜(^^)。一方、多数派と思われるラン系のチームは知らないので不明(笑)

その後の急な下りで間隔がバラけ、ペースを上げて前に出るが、平坦や登りになるとまた詰まるの繰り返し。思うようにペースを上げられない。ストレスが溜まる。

折り返し後の15キロ地点で、1:23:30ぐらい。うーん、想定より3分以上遅い。

後半のキツい登りが始まる20キロ手前で昨年同様、Qちゃんとハイタッチ。

さらに登りがキツくなる21キロ付近のピークで昨年同様、ロッキーおじさんがいつもの「I of the tiger」をアンプで鳴らしながら、沿道からはにかんだ表情でランナーに手を振る。いつも応援ありがとうございます(^^)

ロッキーおじさんとはつくば、勝田、青梅と3戦連続の遭遇。関東圏の主要レースにはほぼ応援に来ていると思われる。レースで走っているという噂は聞かないが、いったい何者?(笑)

そこからまだアップダウンはあるが、全体的に下り基調。残りは9キロぐらい。直前の登りでだいぶバラけてきた。
ここでペースアップしないでいつするの?という感じでセンターライン寄りをガンガン抜きまくる。
e0265002_23044995.jpg


途中、隣のオヤジを抜きにかかると、ペッ!とつばを吐きかけてきた。腕と脚にモロに掛かった。ムカーッ!睨みつけると弱々しく謝ってきた。わざとじゃないとは言え、よく周りを見ろよと思う。狭いコースにこれだけ人がいるんだから。

他にも、エイドで路肩にいったん寄ってからドリンクのコップを持ってセンターライン近くに移動し、飲み残しのドリンクをバーっと人の前で路面にぶちまけた上に紙コップをセンターライン近くから路肩(数メートル先)の方に放り投げる男性。危険を察知してこちらがスピード緩めたから何事も無かったけど非常識。コップ捨てるまでなんで路肩の近くにいないんだ?謎すぎるー。

反対車線から向かってくる仲間の選手にいきなり声掛けながら手を大きく振ろうとして人の顔に手が当たりそうになる女性。これも周りが見えてない。女性に多い。一つ間違えたら目に当たる。 危ない。

あとは、肩をガンガンぶつけて抜いていく選手。年配のランシャツ、ランパンのベテラン風男性に多い。マナー悪いぞ。

レースのマナーとは、お互いが気持ちよく、安全に走るためのもの。お互いに気をつけたい。

ラスト10キロはキロ4:45〜5:10ぐらいをキープしつつ、時計とにらめっこ。トライアスロン系のジャージを見るとターゲットにロックオンして抜きまくる(笑)。

残り2キロで目標タイムクリアを確信。

右折してゴールゲートが見えて来た。沿道から名前を呼ばれると、トラのチームの先輩方。手を振って最後までペースは緩めずゴールゲートに駆け込む。

なんとか目標の2:40は切れた(ネットタイム)。良かった(^^)
ラスト10キロはハーフに近いペースだった。周りの選手が疲れていることもあり、ごぼう抜きでかなり順位も上げることができた(700人ぐらい抜いた模様)。
キロ5:17ペース。目標は5:15ペースだったけど、序盤の渋滞があったから仕方ない。
e0265002_21324450.jpg


青梅のコースは面白い。
アップダウンに富んでいるし、景色も良い。
距離もちょうど良い。ハーフよりも距離がある分、ペース配分を考える必要がある。フルほど長く無く、体力的にもキツくないので、ハーフに近い感覚でスピードも出せる。
このコースを攻略できれば、ハーフもフルもどんなコースでもタイムアップが狙えると思う。

ただ、コースのキャパに対して参加者数が多すぎる感じ。なかなか抜けないし、他の選手と肘が当たる頻度がかなり高い。スピードの出る下りも多いので事故につながらないと良いが・・・

レース後はお茶屋さんで着替えて、具だくさんのけんちん汁をいただき、近くのラーメン屋でさらに栄養補給してから帰宅。

さほど疲労はない。筋肉痛も特に無く。脚もつらなかった(笑)
身体への負担少なく、いい感じで走れたんだと思う。
来年は2:30切りを狙いたい。
今回スタートからゴールまでに1800人以上抜いたので、スタート位置をもっと前にすれば数分は短縮できるはず。あとは減量(笑)

これで今シーズンのマラソンは終了ですが、ハーフのレースを走れてないので、来月、どこかで出るかな?

ランはそこそこ走れるようになって来たので、あとは苦手なスイムの強化(昨年9月に肋骨痛めてから違和感残るので泳いでない(^^;)、ぜんぜん乗ってないバイクの鍛え直し。あと減量ね。

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
by rintarou555 | 2017-02-19 21:31 | レース・イベント | Comments(0)

50年間のカナヅチ人生を経て、トライアスロンに挑戦するへっぽこトライアスリートの備忘録的日記。


by りんたろう