(バイク編)新島トライアスロン大会2014

※シマノのスポーツカメラCM-1000で撮影したバイクパートの動画を↓に掲載しました。
実際にどんなコースなのか興味がある方は、ご参考まで。

(バイク動画)新島トライアスロン大会2014

http://at105rpm.exblog.jp/21994013/


さて、スイム編に引き続き、バイク編です。
e0265002_00541963.jpg
不安だったスイムは無事終わって一安心で、トライアスロンでは唯一少しは戦える種目のバイクです。
タテトラのときはスイムアップの安堵感から抜け殻のようになり、トランジションはダラダラ、走りもヘロヘロで辛くて苦しい思い出しか残ってません。
今回はスイムアップで余力を感じる。タテトラに比べてトランジションエリアは近くてコンパクトなので、移動は楽チン。

トランジションエリアに向かう時に、4分後のスイムスタートで、一周目終了時にコンニチワしてしまった嫁さんがバイクで走り出すのが見えた。スイムの一周目で4分差を縮められ、二周目でもさらに4分差を付けられたとしたら、スイムは8分差か?トランジションが4分ぐらいとして、計算上はそんなもんだろう。タテトラのスイムで13分という絶望的な差を付けられたのに比べたら充分に射程圏内。
ただ、嫁さんも引き回しトレーニングの効果?で、40kmならAve.30km/hで走れるので侮れない。最近はアウター使いも覚えたので、以前に比べて余裕も出てきているようだ。

ウェットスーツも今回はスムーズに脱げた。タテトラのようにGarminを付けたまま無理やり脱ごうというミスもしない。

ジェルとドリンクを飲み、メットを被り、ゼッケンベルトとアイウェアを付けて、グローブをはめて、あとはシューズを履いてスタートするだけ。

ところが・・・シューズを履こうとしたら、脚が目標地点に落ちない、二度、三度とシューズ目掛けて脚を下ろすが、上手く履けない。うねりのせいで船酔いのような感じて平衡感覚を失ってしまったらしい。

なんとか左右の脚をはめたが、少々タイムロス。

スタート地点にバイクを押して、いざ乗ろうとしたら、今度はクリートが上手くはまらない、というか、それ以前にペダルに上手く脚が乗ってくれない。

そんな感じで、スタートはかなりモタつきました。大丈夫か?(笑)

バイクコースはルートラボでおおよそチェックはしてあったが、実際には走ってみないとよくわからない。一周目は様子見のつもりが、スイムが思いのほか良かったので、つい力が入る。



ルートラボから参考データ


しばらくして、胃の中から朝食が逆流して戻しそうになるのを堪える。これも船酔いなのか?
気持ち悪いのを我慢しながら、先行車をドンドンパスしていく。たまに本格的なTTバイクの選手に抜かれるが、抜く方が圧倒的に多い。

前半、けっこう飛ばして行ったら、また気持ち悪くなってきた。特に登りで頑張るとこみ上げてきて戻しそうになる。仕方ないので少しペースダウン。
コースはけっこう変化に富んでいて飽きないが、気持ち悪さで景色を楽しむ余裕無し。

二周目。
相変わらず気持ち悪い。
DHポジションで前傾すると、胃が圧迫されてゲロゲロしそうになる。
さらにケイデンスを上げると腿がお腹に当たって刺激を与えてしまうので、意図的にケイデンスを下げて重いギアを踏みすぎたかせいか、脚も少し垂れ気味?

序盤の180度ターンへ向かう直線で嫁さんとすれ違う。だいぶ詰まって来たか?

三周目。
ケイデンス上げ気味で脚への負荷を抑えつつ走る。
序盤の180度ターン手前数100メートルで嫁さんとすれ違う。さらに詰まってきた。
ランに脚を残すべく、抜くところと頑張るところのメリハリをつけて漕ぎ続ける。
登りは先行車をパスするとき以外は淡々と一定ペースでこなし、下りで番長ぶりを発揮する作戦。
35kmあたりでようやく嫁さんに追いついてパス。
当初の予定寄り一周遅い。こちらのペースが遅過ぎる。

最後の下り区間を抜けて実走時間1:11ぐらいでゴール。当初の予定より3分ぐらい遅い。
Ave.32.1km/hと直前の彩湖のトレーニングとさほど変わらない平凡な結果に終わってしまいました。
ただ、彩湖の時は同じぐらいの平均速度で平均出力200Wぐらいしか出てなかったが、今回は平均出力229W。出力だけ見れば決してダメだったわけではないが、アップダウンがあり彩湖とはコースの違いもあるので単純比較は出来ないとは言え、1時間ちょっとのレースなら平均240Wは出せると思うので力を出し切れなかったのは残念。

やはり40kmなら最低でもAve.34km/hは出さないとダメですね。
スイムが遅い分、バイクで頑張らないといけない宿命。
次戦まではもっと走り込んでペースアップせねば・・・あと体重も絞らないと(笑)
それと、DHポジションのセッティングがまだ合ってない?身体が馴染んでない?
もっと煮詰めないといけないですね。あるいは抜本的に見直しが必要?
Alizeのオプションの前乗りシートポストにしていますが、普通のシートポストで後ろ乗りのロードバイクポジションの方が自分はパワーを持続しやすい気がする。しょせんはロードバイクのジオメトリなので、前乗りシートポストで無理やりに前乗りにしてもTTバイクのような推進力が得にくい気がする。
今回、コースの特性もありましたが、DHポジションよりもブラケットポジションの時間が遥かに長かったし、大井川港までに詰めなおします。

あと、トランジション。6分半は掛かりすぎ。
平衡感覚を無くしたとはいえ、あのコンパクトなエリアなら前後合わせて4~5分に収めないとダメですね。トランジション時の給水やゼリー補給は走りだしたからでも良かったと思う。スタートしてしばらくはまっすぐな道だったし。

さて、いつも腹痛に悩まされるランはどうなるやら?
スタート後の激坂がちと不安・・・

■走行データ(Garminより)
走行時間:1:11:12
走行距離:38.1km
平均速度:32.1km/h
最高速度:48.1km/h
平均ケイデンス:76rpm ※今回は敢えて低ケイデンス作戦
平均心拍数:163bpm
最高心拍数:181bpm
平均出力:229W
獲得標高:266.5m
e0265002_01043017.jpg
↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
by rintarou555 | 2014-05-14 01:00 | レース・イベント | Comments(0)

50年間のカナヅチ人生を経て、トライアスロンに挑戦するへっぽこトライアスリートの備忘録的日記。


by りんたろう