山王峠、小沢峠周回練+スイム1500

(追記)運動し足りなかったので、夜の空いてる時間帯を狙ってジムでスイム1500。お盆休みでガラガラ。アップ500(50、100づつ刻みながら)、メイン400(プル中心でゆっくり連続)、100(流して)、メイン400(キックもけっこう頑張って)、100(ストローク減らしてゆっくりと)。

----------------------------------------------

今週は久しぶりに月曜日に早朝ラン7.5km。
2週間ぐらい前にTSUTAYAに期限切れ前のDVDを返しに走って以来か?
キロ5:55ぐらいのペースでとりあえず走れたが、朝から蒸し暑いので心拍数がいつもより上がる・・・
体重は70kgぐらいまでベースが落ちてきているので、登りは以前よりラクかも。

幸先の良いスタート?と思ったが、ほかの曜日は仕事やらイベントやら雨やらでなかなかトレーニングできず・・・
ケンズ(A&A)も先週末から今週いっぱい休みだとか(ボイラーメンテナンスとかで今年はかなり長い)。
先週は地元のジムの休みでした。しばらく泳いでない(笑)

今日(土曜日)は嫁さんとわりと近場の飯能方面へバイクトレーニングへ。
いつもは1周5kmの赤根峠をグルグルすることが多いですが、日陰がまったくないのと、1周5kmだとせわしないので、今日はもう少し距離の長い周回コースをチョイス。
成木のファミマ(通称:マスオカ)の手前から山王峠、小沢峠をグルッと回る21.6kmの周回路。

成木〜山王峠〜小沢峠周回21.6km(左回り)


このコースをグルグルと周回するとそれなりの獲得標高になる。
1周辺りの獲得標高354mなので、5周すると108km、1770kmと登り多めな感じ。

逆回り(右回り)りで小沢峠、山伏峠という選択肢もありますが、それだと小沢峠が一瞬で終わってしまう。
今日は小沢峠がメインなので北側から攻めました。

この辺りはいろいろな組合せで1周10数キロ〜30kmぐらいのコースが取れますが、だいたい獲得標高のレベルは同じぐらいになります。山伏峠まで脚を伸ばす人が多いが、あそこまで行く道がダラダラ・・・周回路で頻繁に登りが出てきた方がトレーニング効果が高い気がする。
成木周辺は交通量も比較的少ないのでおススメ。

登り多めのロードレース向けのトレーニングや五島や佐渡などのロングやミドルの対策に走っている人も多いと思う。

二つの峠は距離は短いが、小沢峠は8〜10%がずっと続き、下からトンネル入口まで1.6kmで平均斜度8.6%ぐらいある。
かといって、数キロも続くわけではないので、気分的にはラク。
登ったあとは下りもあるので、適当に脚を休めることも出来る。
特に小沢トンネルを過ぎてから、成木の川沿いの下りは山に囲まれ、涼しくて気持ちいい。

駐車場に車を停めて、マスオカまで行ってスタート。
出遅れたので、午後まで掛けて5周、108km走る予定(駐車場からの往復含めると115kmぐらい?)。
1周目の山王峠はアップ代わりだが、今週は仕事によるダメージが大きくいつもより苦しい(笑)
R70に出て名栗方面に向かい、途中で小沢峠へ。
嫁さんは山王峠は山伏峠に行くときに通ったことがあるが、小沢峠は初体験。
決してラクではないが、淡々と登っていれば終わる感じ。

小沢トンネルはヒンヤリとしていて気持ちいい。
e0265002_19280690.jpg
小沢のトンネルを抜けて、短い直滑降のあとは、川のせせらぎを聞きながら、惰性で下って流して、グルッと回ってマスオカへ戻る。
e0265002_19280628.jpg
ここでいったん休憩。
幸い曇天で涼しめだが、数日前に↓のニュースを見ていたので、水分は積極的に摂るようにした(1周でドリンク1本ぐらい)。続報が無いので原因は不明ですが、熱中症なのかな?蒸し暑い日は直射日光が少なめでも危ないので気をつけよう・・・

ツーリング中?の自転車男性死亡 埼玉
http://yaho.blog.jp/34958/11293762.html

2周目は1周目でアップが出来ているので山王峠はラクに感じた。
小沢峠へ向かう途中でオミノ軍団とすれ違う。成木周辺を逆回りで回っているのかな?
Iさんが僕らに気付いたらしく、手を挙げて挨拶を交わす。
圏央道手前のコンビニを車で通りがかったときにも目が合ったので、今日は二度目。
昨年のタテトラ前に初のトライアスロン専用シューズとして、オミノさんで嫁さんとZootのシューズを購入したときに接客いただいたのがIさん。購入して間もなく嫁さんのZootのソールのゴムが剥がれたときにはとても丁寧な対応をいただきました。
お店は自宅からは距離があって通勤経路でも無いのでたまーに顔を出す程度ですが、過去にもこの辺りとか彩湖とかで何度か、Iさんとは店外でバッタリと出合う回数の方が多いかも(笑)

2周目の小沢峠はオートバイのローリング族が出てきて走りづらかった。トンネルの手前と下の数百メートル?をひっきりなしに上り下りしてローリング。下りで転倒してこちらに突っ込んでくるんじゃないかとヒヤヒヤ。おまけに2ストバイクなのでオイルまじりの排気ガスもひどい・・・
自分も「バリバリ伝説」が流行っていた学生時代、夜中に大垂水峠とかで走っていたことがありますが、真っ昼間、集団であんなことはしたことない。周りを巻き込む可能性が高く、自己責任だけでは済まない。危な過ぎる。待機組も含めて全部で10数台いたかな?

2周目を終わったところでマスオカでランチタイム。
魚介つけ麺をいただきました。汁も飲み干し、塩分もしっかりと補給(笑)

3周目、成木街道から山王峠へ向かう急角度で左折する三叉路。
嫁さんがなかなか来ないので、戻ったら、道端に座り込んでいる。
対向車線から右折車が来たので、三叉路をインベタで左に回ろうとしたら、思っていたより路面の傾斜があって左側に立ちゴケしてしまったらしい・・・

しばらくして走り出したが、ペダリングをすると痛みがあるらしく、ママチャリペース。
「調子良く走れていたのに〜!」と本人は走り続けたそうだったが、登り坂は無理と判断。
マスオカは医薬品も扱っているので、戻ってインドメタシン入りの湿布薬を購入。
嫁さんの応急手当を終えて、車を取りに一人で公園の駐車場へバイクで戻る。
バイクを積み込んで帰り支度をしているとポツポツと雨が降ってきた。

マスオカで嫁さんをピックアップして、走り出すと、急に雨が本降りに・・・あのまま走っていたら小沢峠あたりで土砂降りの雨にあっていたと思う。
次回走ろうと思っている別ルートや、長水路があるという飯能市民プールの下見をしながら帰宅。
大雨が振ってきたので誰もいない。ふだんでもけっこう空いているらしい。
e0265002_19280630.jpg
ここを起点にスイム、バイク、ランを目論んでいます。いつになるやら?(笑)。

結果論ですが、どのみち周回トレーニングは大雨で3周目で中止することになっていたのと、車で来ていたので嫁さんを無理なく帰宅させることができた。

立ちゴケだったので表面的な打撲と筋肉を少し痛めた感じ?
数日は安静かな。まあ、明日も天気が悪いみたいですし・・・

トータル53kmぐらい、Ave.23km/h弱?(スピードセンサーが電池切れのようで動作おかしく、GarminのGPSモードの計測で速度が平地が早め、登りが遅めに出ていたのであまりアテにならないかも)。

ようやくアップ終わったというぐらいで、ぜんぜん走り足りません(笑)。
あと2周は走りたかったですが、嫁さんが無事だったので良しとしましょう(一瞬事故ったかと思ったので)。
荒川CRのような信号や交差点も滅多に無くほぼクローズドなコースに走り慣れてしまったり、ローラー台ばかりやっていると、路面状況や周りの動きを見ての状況判断力が養えませんね。
この辺りの田舎道は嫁さんの実戦力を鍛えるにはちょうど良いかも。
何ごとも経験に勝るものなし。

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
Commented by nobuta at 2014-08-17 21:21 x
rintarou555さん、お久しぶりです。

奥様のけがのご様子はいかがですか?お大事に。

山王峠は、以前(随分前ですが・・・)何度か走ったことがありますが、小沢峠はまだ走ったことが無くて。今度、このコースを走ってみようと思います。

rintarou555さんのトレーニングコースは身近でとても参考になります。また、色々教えて下さいませ。
Commented by rintarou555 at 2014-08-20 10:13
nobutaさん
嫁さんは今週いっぱいは大人しくしているしかなさそうですが、来月の佐渡大会には間に合うでしょう。僕は佐渡は抽選外れたので運転手ですが(笑)

トレーニングコースは嫁さんがいっしょだと周回路が道に迷わず、それぞれのペースで走れて比較的安全なのでいろいろと探しています。この辺りは比較的自宅からも近く、交通量も少ないので走りやすい。補給や休憩ポイントもたくさんあるし、民家も多い。距離も獲得標高も稼げるのでいいトレーニングになると思います。欲を言えばもう少し細かいアップダウンがあればというところですね。
by rintarou555 | 2014-08-16 19:51 | トレーニング | Comments(2)

50年間のカナヅチ人生を経て、トライアスロンに挑戦するへっぽこトライアスリートの備忘録的日記。


by りんたろう