【映画】インターステラー

昨日はヘロヘロでゴールした前日のマラソンの疲れを癒すべく、整体にお世話になろうと思ったら、いつもお世話になっている近所の整体院は祭日はお休み。仕方なく、駅前に乱立中のマッサージ専門店へ。中国人系のお店で龍宮なんとかと怪しげな名前でしたが、ちゃんとマッサージしてくれました。足腰の裏側中心に揉み解し。かなり凝ってるのでしばらく無理しないようにとのこと。

帰宅後、嫁さんと映画へ。「インターステラー」。

e0265002_10353645.jpg
3時間近い尺を忘れさせてくれるなかなか良い映画でした。宇宙人は出てこない、ドンパチも無いヒューマン系のSF映画。それでいて相対性理論、ワームホールを使ったワープ、ブラックホール、多次元空間などハードSF小説に付きもののネタは随所に散りばめられている。SF好きにはたまらないが、子供やスターウォーズのような単純なスペースオペラを好む人にはウケが悪いかもしれない。というか何のことやら意味不明で理解できないかも。とは言え、親子愛が地球を救う的なテーマは分かりやすく、首尾一貫しているので、SFマニアでなくてもそれなりに楽しめるように出来ているところがいい。
古くは「2001年宇宙の旅」からの流れの作品かもしれないが、人類の現在と未来をつなげるのは近年だと「アンドリューR114」や「アイロボット」にも通じる世界観。最近だと「オブリビオン」も似ているかも。
透明感のある映像、人に焦点を当てた描き方。
宇宙船クライシスを描いた「グラビティ」は似ているようで違う。「インターステラー」の方が時空を超えてもっと深い。


久しぶりにいいSF映画を観ました。

by rintarou555 | 2014-11-25 08:00 | 映画 | Comments(0)

50年間のカナヅチ人生を経て、トライアスロンに挑戦するへっぽこトライアスリートの備忘録的日記。


by りんたろう