地元走友会の2時間ランニングに参加

今日は先日の予告通り、地元の所沢走友会主催の2時間ランニングに参加。

9時半スタートというので9時過ぎに航空公園に行ったら既に説明が始まっていた。
受付して、走友会の方のリードでウォーミングアップの体操、けっこう長めに念入りに。

キロ4分から7分まで30秒刻みでグループに分かれてスタート。
e0265002_04003034.jpg
僕はフルマラソンのレースペース想定でキロ5分半のグループへ。
走友会の女性メンバーがペーサーとして先導、20人近く?

一周2.2kmのアップダウンも含む周回路。
ここを2時間走なので、キロ5分半ペースだと10周、22キロいけるかな?

3周ごとにスタート地点のテーブルの上に各自置いておいたマイボトルで補給。僕も分かりやすいように色のついたビニール袋にアクエリアスを入れて置いておいた。

スタート時間がやや遅めだったのもあり、走るにつれ気温が上がってくる感じ。

7~8キロあたりで少々疲れが・・・4日前の30キロ走の疲れが抜けてない?

しばらく走ると調子が出てきた。

再び、15キロ過ぎてから少し身体が重く感じるように。

走るペースや気候などの条件にもよるが、ハーフ以上の距離を走ると、だいたい7~8キロおきぐらいに山というか谷を感じる。

フルマラソンだと、あと、20キロ半ば、30キロ前半~半ばあたりとか。

5周でペーサーが別の女性に交代。
ここまで5分半を少し超えるペースで来ている。

残り2周で10分前の関門通過のためにペーサーから声が掛かりペースアップ。

関門を1分前に通過。
ラスト一周になり、ペーサーの女性が他の男性にタスキを預けて加速。
他のメンバーも何人かが2キロのラストスパート。

僕は来週、レース本番があるのと、右膝の内側にずっと違和感があったのでペーサーについてそのまま一周してゴール。
e0265002_04003196.jpg
ちょうど2時間ちょっとで、21.76km、キロ5:31ペースと予定通り。
e0265002_04003831.jpg
終了後、トラのチームの大先輩Wさんにバッタリ。僕よりもひと回り上でトライアスロンもしばしば表彰台で、ランもけっこう速い。あちこちのレースやイベントに積極的に参加され、トレーニングを怠らない。今日も僕と同じグループだった(お互いにサングラスしていて気づかず)。

今回は4日前の30キロ走よりも距離は少ないが、ペースはほぼ同じ(2秒遅いだけ)。
平均心拍数は164から154へと10下がり、ようやくフルマラソンの強度に見合ってきた。
本番はあと20キロあるが、平均心拍数160以下なら無理なく走れるはず。
あとは、脚がもってくれるかどうか?
e0265002_04003990.jpg
10月からのトータルで泥縄式で130km弱走った。
横浜マラソン前は3ヶ月連続で100kmで、30km走も3回やった。
今回は実質的には1ヶ月半しかトレーニングできていないが、直前1ヶ月半では自分しては走っている方(笑)

今回、VO2MAXがまたひとつ上がって53になったが、予想タイムがありえない。
やはりなんかが間違っている(笑)
e0265002_04003920.jpg
e0265002_04004977.jpg
帰宅後はシャワーを浴びて、嫁さんを誘って地元のステーキ屋さんへ。
夜はかなり敷居もお値段もお高く敬遠してきたが、ランチはかなりリーズナブル。

僕は午前中にガッツリと走ったので200グラムにした。
嫁さんに120グラムを勧めたら「小さいんじゃないの?」と。

それを聞いたスタッフのおじさまがすかさず「小さくはないですよ~。逆に200グラムだと多めです。120グラムですね?」と切り返す(笑)

運動していなくても、頭の中は骨折前、ガシガシとトレーニングしていたときのモードらしい。
200グラムは骨折が治ったらね(笑)

雰囲気のいい店内で目の前で職人さんが焼き加減を見ながら焼いてくれる。
肉は脂身が少なく、柔らかい。
e0265002_04005048.jpg
美味しいデザートとドリンクもついて120グラムのステーキランチで1,680円はコスパ高し。ファミレスよりもぜんぜんいい。
e0265002_04005176.jpg
明日は天気が悪そう。午前中に少しだけ走るかな?

↓↓↓よろしければこちらをポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
by rintarou555 | 2015-11-07 23:40 | トレーニング | Comments(0)

50年間のカナヅチ人生を経て、トライアスロンに挑戦するへっぽこトライアスリートの備忘録的日記。


by りんたろう